☆ぷろふぃ~る

ponsuke

ponsuke

相変わらずトロトロpon。ぐーたら過ぎておなかもトロトロ。や、やばいっす!!

admin

☆最新の記事

すっかり放置ブログと化してますが

アプリ「ニャンだぁ!らんど」について

里親さん募集中!

やっぱり…

閑話休題

おふたりさん〈最初の一歩〉

みつわちゃんがお嫁入して〜

ひょんなことから…

☆月別

2017-06(1)

2016-11(1)

2016-09(1)

2015-08(5)

2015-07(4)

2015-04(2)

2015-03(3)

2015-02(3)

2015-01(7)

2014-11(1)

2014-10(2)

2014-09(3)

2014-08(3)

2014-07(10)

2014-06(11)

2014-05(13)

2014-04(9)

2014-03(13)

2014-02(8)

2014-01(5)

2013-12(5)

2013-11(2)

2013-10(6)

2013-09(9)

2013-08(8)

2013-07(10)

2013-06(5)

2013-05(4)

2011-10(1)

2011-08(1)

2010-04(2)

2010-03(2)

2009-09(1)

2009-08(1)

2009-07(3)

2009-06(7)

2009-05(8)

2009-04(8)

2009-03(8)

2007-03(2)

2007-02(7)

2007-01(12)

2006-12(7)

2006-11(7)

2006-10(12)

2006-09(17)

2006-08(11)

2006-07(22)

2006-06(21)

2006-05(30)

2006-04(19)

2006-03(23)

2006-02(26)

2006-01(33)

2005-12(27)

2005-11(28)

2005-10(36)

2005-09(36)

2005-08(29)

2005-07(32)

2005-06(35)

2005-05(39)

2005-04(20)

2005-03(39)

2005-02(38)

2005-01(33)

2004-12(30)

2004-11(34)

2004-10(50)

2004-09(53)

2004-08(75)

2004-07(60)

2004-06(51)

2004-05(42)

☆最新のコメント


[ponsuke]05-30


[ゆーしゃん]05-29


[ponsuke]02-07


[つづきママ]01-02


[ponsuke]12-02


[ゆーしゃん]11-21


[ponsuke]11-10


[つづきママ]11-01


[ponsuke]08-12


[つづきママ]08-12

☆最近のトラバック


[クラッシックの世界]09-29

fogリネンナプキン
[ナプキンをあげる]09-19


[日本の心-四季折々の風情を感じ...]08-13


[ナプキンをたくさん集めました]07-23

笹倉鉄平について
[イラスト&お絵かき お役立ちサイト]02-23

おぽんちNote♪


S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

[ 2017-07 ]

☆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆夏休み読書感想pon

さて、今さらこんなのを提出したら、赤点間違いナシであろう「夏休み読書感想文」も、学生を終えて早●年のおいらは、
「よく読みました!よく書きました!」
と、自分で花丸あげちゃうのであるw

というわけで、始まり、はじまりぃ~♪>紙芝居かぃ!
---------------------------------------------------------

行動することが生きることである
宇野千代

いつものことながら、何故にこんなにバイタリティがあるんだろねっ!
目次に目を通すだけでも、勇気と元気が溢れ出てくるようだじょ。

重ねていく年齢を受け入れつつ、決してそれに屈せず、
いつまでも楽しいこと(この場合はjoyではなく、困難を克服していくという楽しさである)に飛び込んでいく。

文中にあるが、
「私は凡ゆることを覚えていて忘れないほど、強くはない。私は弱くても好い」
こんなふうに、自分の弱さも受け入れられるからこそ、
“忘れることが新しい道へ踏み出す一歩である”(第一章より)
と言えるんだろうなぁ。

今、感想を書こうと、パラパラ読み返してみて、
あぁ、なんて可愛らしさを失わない人なんだろう。
毎回、宇野作品を読むたびに思うが、この本はひとしおそう思う。
たくさんのエピソードが書かれているけど、全編を通して感じるのは、
「意識の持ち様というのは、どれだけ大切なことか」
ということでした。
元気を<(_ _*)> アリガトォ と思う一冊☆


魂萌え!
桐野夏生

「行動することが生きることである」を読んだあとだと、
えぇぇぇぃ!何故にこんなに人任せなのかっ?!
と喝を入れたくなる主人公のトホホ具合。

けどね、どんどん変わってゆくの。
眠っていた資質が目覚めるのか?
いや、資質があろうとなかろうと、必要に迫られれば人間変わる、変われるのだなぁ。
ここでもやっぱり「意識の持ち方」というキーワードが出てきちゃったおいらなのでした。

年齢を重ねるごとに誰もが、抱える事情の数や深さを増やしてくんだね。
そんな人達のつながりや、思いやり、諍いや、唐突に生まれる不協和音。
それぞれの立場からの思いが描かれているところは、
有吉佐和子の「三婆」が思い出されてしまった。
(う~ん、定かに覚えてないかも…これも読み返さなきゃ)

あースッキリした!という読後感ではないけど(桐野作品では、あんましないよね)、
何やらちょっと主人公に同化して、晴れ晴れした気持ちになりそうな一冊でした。


リアルワールド
桐野夏生

リアルって…
高校生がメインの作品だとは知っていたが、
やっぱり「事件」なのかいっ!!と、しょっぱなからツッコミ入れたくなってしまいもうしたw

アイムソーリー・ママ」もそうだけど、
どうも「事件」性のある話だと、極端なんだよね~。
シチュエーションとか、人物像とか…
(おいらが知らないだけで、現実はホントにこんななんだろか。…だったら、すげーコワイ)

でも、のんびり夜長にはグィグィ読ませてくれる。
ぐわ~っと読んで、( ̄▽ ̄)=3 プハァーと言うには、いいかもよん。


NYアートストリートから
牧かほり

2000年7月に発行されたものだから、そのまま「今」には当てはまらないだろうね…
政治や経済や法律が変わっていたら、変化があるのは当然。
けど、なんつーの?
住む人々の心持ち、というものでしょか。
そういう基本的な「日常」は変わってないのかもな~。
そう思わせてくれるエピソードが、明るい色彩のイラストとともに描いてあります。
著者がちゃーんと、自分の足で見てきた世界なんだよね☆

ほんわか♪した現実ばかりが書いてあるわけじゃない。
でも、ふと寛ぎたい時に手にとって、ぱらぱらとページを開きたくなる、そんな印象を受けた本でした。>おいらはこういうの、好きだなぁ~。


ひらひら
池永陽

コンビニ・ララバイ」が面白かったので、どんなかな?と読んでみました。

う~む。
結末は…… 結局 …… 結局なのかい…
・・ネタバレになってしまうので、
意味不明なことしか書けないが 人( ̄ω ̄;) スマヌ

アレは何だったんだろう?何の布石だったんだろう?
と言うモノも登場します。
(読んで分かった方は、是非ponに教えてくだせぇ>「アレ」じゃ分かんないか!爆!)

主人公の仲間の武や、恋人の順子さん、とりわけ切ない気持ちにもさせる忠やん、人生諦観しちゃったような万治さんなどの、脇役がとっても印象に残ってしもうた。
で、肝心の主人公にはそれほど魅力感じなかったおいら…
老婆心ながら、「どーなるのかのぅ、このコは」と思っちゃったりしてw


カリスマ
新堂冬樹

無間地獄」しか読んだことなかったんだけど、新橋のお祭りにずら~っと出店してた古本屋さんで、
「うーむ、何も買うものがない。というより、何がどこやら探し出せない…でも、手ぶらはつまんない」
と悩んでる時に、ふと新品同様で見つけた上下巻なのでした。
( ̄▽ ̄)うへへへぇ~

とにかくオープニングが壮絶!
このまま上下巻行っちゃったら、ど~しよ~って思ったもんw
がしかし、本編も心休まる箇所などないのであった…

騙し騙され、いや、この場合はハメられ、と言った方がいいのか?
そんなのの連発である。
うぅぅぅ。何を得るとか、何を感じるとか、んなこたぁponの頭では分かりましぇんっ!!
ひぇ~!
ほげ~!
うっぴょ~!!

…と言ってる間に、爆読み&読了とあいなったのでありました。ちゃんちゃん♪

☆コメント

ponちゃん、ほあほあ~(←特に意味なし)
雨だねえ、台風だねえ。
本、たくさん読んだのね。
最近、桐野、読んでないなあ。
この中では『NYアートストリートから』が
とっても気になります。
思わずAmazonのウィッシュリストに
入れてしまった。
近いうち買うかも~。
アートといえば、今日「王様のブランチ」で
五月女ケイ子さんというイラストレーターの特集を
やってました。
http://www.parco-nagoya.com/web/webfiles/0506_pg.html
「湯村輝彦じゃん」って思うのは私だけ?
宇野千代さんはかわいいよね。
あんなおばあちゃんになりたいものです。
>眠っていた資質が目覚めるのか?
私も目覚めたいっ!
そもそも資質なんてあるのか?
ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ
day 2005-09-24 14:31
name LIN
trip -
url http://linlinlin.cocolog-nifty.com/

編集 ]

>LINさん

現実逃避の最たるモノ=読書、だったのでせうか。
ほんっと、数日の間にすっごい読んだ~☆(笑

『NYアートストリートから』
LINさんも気に入ってくれるといいなぁ。
小難しいリポートと違うせいか、読むでもなく、何度も開いちゃうんだな、これ♪へへへ

五月女ケイ子さん。
「そおとめ」って読むのか!「さつきめ」かと…
( ̄w ̄) ぷっ
なんか、色んな既存の方達のテイストが、ごちゃまぜ、って印象があるんだけどPARCOってこういうの好きだよね。「日本グラフィック展」とかさ。
昔は新鮮だったんだけど、スレたのかしらん、おいらw

宇野千代さんは、誰もが憧れるおばあちゃん像だよね~。
でも、本人は「おばーちゃん」という自覚がなかったらしいけど。あはは。
だからこそ、いつまでも可愛くいられたのかなぁ。

>そもそも資質なんてあるのか?

LINさん、いっぱいありそうじゃー。
おいら…脂質なら自慢できるんだけどなぁ。ひょひょ♪
day 2005-09-24 18:57
name ponsuke
trip -
url http://oponchi.blog7.fc2.com/

編集 ]

初めまして

左半冶さんのところから来ました。
読書感想文に花丸をあげましょう。
宇野千代さんの本、おもしろそうですね。読んでみます。
day 2005-09-25 21:10
name piano
trip aYDccP8M
url

編集 ]

>pianoさん

こんばんわー!!
遊びに来てくださってありがとうデス☆
花丸もらっちゃったし…(*'ー'*)えへへっ♪

感想文、いつもズッコケちゃうんだけど、面白そうって言ってもらえて、すごい嬉しい!
是非pianoさんのトコロにもお邪魔させてくださいねっ!!
day 2005-09-25 21:58
name ponsuke
trip -
url http://oponchi.blog7.fc2.com/

編集 ]

☆コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

☆トラックバック

この記事のURL:http://oponchi.blog7.fc2.com/tb.php/749-e5493eb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。