☆ぷろふぃ~る

ponsuke

ponsuke

相変わらずトロトロpon。ぐーたら過ぎておなかもトロトロ。や、やばいっす!!

admin

☆最新の記事

すっかり放置ブログと化してますが

アプリ「ニャンだぁ!らんど」について

里親さん募集中!

やっぱり…

閑話休題

おふたりさん〈最初の一歩〉

みつわちゃんがお嫁入して〜

ひょんなことから…

☆月別

2017-06(1)

2016-11(1)

2016-09(1)

2015-08(5)

2015-07(4)

2015-04(2)

2015-03(3)

2015-02(3)

2015-01(7)

2014-11(1)

2014-10(2)

2014-09(3)

2014-08(3)

2014-07(10)

2014-06(11)

2014-05(13)

2014-04(9)

2014-03(13)

2014-02(8)

2014-01(5)

2013-12(5)

2013-11(2)

2013-10(6)

2013-09(9)

2013-08(8)

2013-07(10)

2013-06(5)

2013-05(4)

2011-10(1)

2011-08(1)

2010-04(2)

2010-03(2)

2009-09(1)

2009-08(1)

2009-07(3)

2009-06(7)

2009-05(8)

2009-04(8)

2009-03(8)

2007-03(2)

2007-02(7)

2007-01(12)

2006-12(7)

2006-11(7)

2006-10(12)

2006-09(17)

2006-08(11)

2006-07(22)

2006-06(21)

2006-05(30)

2006-04(19)

2006-03(23)

2006-02(26)

2006-01(33)

2005-12(27)

2005-11(28)

2005-10(36)

2005-09(36)

2005-08(29)

2005-07(32)

2005-06(35)

2005-05(39)

2005-04(20)

2005-03(39)

2005-02(38)

2005-01(33)

2004-12(30)

2004-11(34)

2004-10(50)

2004-09(53)

2004-08(75)

2004-07(60)

2004-06(51)

2004-05(42)

☆最新のコメント


[ponsuke]05-30


[ゆーしゃん]05-29


[ponsuke]02-07


[つづきママ]01-02


[ponsuke]12-02


[ゆーしゃん]11-21


[ponsuke]11-10


[つづきママ]11-01


[ponsuke]08-12


[つづきママ]08-12

☆最近のトラバック


[クラッシックの世界]09-29

fogリネンナプキン
[ナプキンをあげる]09-19


[日本の心-四季折々の風情を感じ...]08-13


[ナプキンをたくさん集めました]07-23

笹倉鉄平について
[イラスト&お絵かき お役立ちサイト]02-23

おぽんちNote♪


S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ 2017-11 ]

☆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ヘ( ̄∇ ̄ ヘ)),,,,,ソォーット

自らを“ひったくり犯”( ̄w ̄)ぷっ
とおっしゃる左半治さんが、やっとのことで手に入れたBook Baton
おやまぁ、それなのに何と無防備に置いてらっしゃる。
姑息なponは、
「ちょっと借りちゃいましょう」
と、まるで寸借詐欺のごとく持ち出してみたものの、
「はて。もしや“ひったくり犯”の一味になってしまうのだろか?
・・・悩んでるうちに日が経ってしまいもうした。
が、もう時効じゃろう。ふっふっふ>早っ!!


てなワケで、Book Baton もたもたとスタートだす☆

----------------------------------------------

●Book reading right now (今読んでいる本)

ウランバーナの森/奥田英朗


●The last book I bought (最後に買った本)

上に同じ。
それとともに、風味絶佳/山田詠美も購入☆
本を買うと、大抵報告しちゃうから分かりやすいが
これも「本、届いたよ」で書いてますだw


●Five novelists(or writers) I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5人の作家、または小説家)

最近はかなり偏ってきてるので、「おぽんち」ではお馴染みの作家さんたちになっちゃうなぁ。
思い入れと言うより、よく読む、というだけなんだが。
山田詠美
馳星周
花村萬月
乃南アサ
村上龍
・・・・あたりであろうか。


●Five books  I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5冊の本)

ここでも重複してしまいそうなので、
若かりし子供の頃(いつだよっ?!)読んで、
ある種┌|゚□゚;|┐ガーン!!と衝撃受けた本を挙げてみよー。>ちょっと大袈裟w

水の子トム/チャールズ・キングズリー(たぶん)
以前「本に関する100の質問」があって、そこでも書いたんだが…

ちっちゃな頃からいつも本を与えられていたpon。
何故か小学1年の時は、小学4年生用の、みたいに少しだけ年長さん向けの本だった。
それはそれで何の疑問も不自由もなく読んでたんだけど
「本って楽しいんだなー」
と感じた最初の作品はこれではなかろうか。


笹井中尉
少年少女世界文学全集なる、ぶ厚い百科事典サイズの本10数冊セットがあった。
その中のひとつだったので、タイトルは覚えてないんだが・・・
おまけに何が衝撃だったのか、小学生の頃なので記憶も定かじゃないのだった。トホホ
もう1度何らかの形で読みたいと思っているのである。


非色/有吉佐和子
歴史なんて全く知ら~ん♪という能天気炸裂なおいらが、初めて触れた“歴史”を感じさせる作品だったかも。
その後、永井路子や瀬戸内寂聴氏などの書く歴史上の人物の本をすんなり手に取れたのも、この一冊があったからだと思うんだが。
(笹井中尉のハナシは読んだ時期が子供過ぎて、歴史という認識も乏しかったんだろうなぁ)


黒衣の花嫁/コーネル・ウールリッチ
江戸川乱歩の少年探偵団や、横溝正史の金田一耕介シリーズを爆読みしていた時、初めて出会った翻訳モノ。
歴史モノ同様、この本のおかげで他の翻訳モノも敷居が高くなくなったんだよね~。

あれ?考えてみると衝撃というより、きっかけになった作品になっちゃってる☆
1つ読むと、そこから派生してどんどん広がっていくもんだねぇ。

しかし、広がらないモノもある・・・(^▽^;)

ベニスの商人/シェークスピア
シェークスピアはどうしたワケか好きで、
小学校の図書館にあったのは全部読んだと思う。
が、あくまで子供向け。
改めて読みたい願望はあったんだけど、
ホントはもっと難しいんだよ、と聞いて
「へ~・・・・・難しいんだ」
と、すっかり放棄してしまった。でへへ


●Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)

寸借詐欺状態のおいらに、渡すことなど出来ませぬ。
こっそり使わせていただいたので、これまたこっそり、左半治さんにお返しすることにしときましょか。
ありがとうでした☆ (^-^)ゞ ポリポリ


☆コメント

うふふ。ponちゃん、ありがとね。
私の辞書は『悪事を一緒に働いてくれる隣人こそよき友人』
というのがあります(いま考えたんですけどね。)。
ponちゃんはやはりいい人ですね。(これは昔から思ってました)
ところで、村上ドラゴンは、私はよくわからないのです。
横田基地のそばに住んで、透明に近いブルーなんて言っているから
北米文化が好きなのかなぁと思いきや、最近は欧州南米中心の文化である
サッカーのことをいかにも“通”ぶって書いていたりするし・・。
エクソダスにしても、著者がドラゴンでなかったらどうなんだろ?
さしたる話題にならなかった気もします。。
「半島を出よ」はどうですか?
などと、好き放題言っている私ですが「愛と幻想のファシズム」は好きなのです。
だから自分でも好きなのか嫌いなのか、判断に困っているのです・・・。
しかし、それ以上に気になるのが、笹井中尉。
中尉 殿の本がすんごく読みたいのはなぜなのでしょう。
やはり自衛隊勤務の親を持った息子として血が騒ぐのでしょうか?
バトン、受け取りました。・・ってまたかいな?
じゃ、またそのへんをあてなく走ってきます。
わははは・・
day 2005-07-03 23:43
name 左半治
trip -
url http://ke-shi.blogzine.jp/polan

編集 ]

>左半治さん

師匠おはようございまーす!>何の師匠?!
『悪事を働く時はご一緒に』の隣人ponです。>あ、そっちの師匠(ボケつっこみすんません)ぶぶっ

>北米文化が好きなのかなぁと思いきや、最近は欧州南米中心の文化である
サッカーのことをいかにも“通”ぶって書いていたりするし・・。

そう言えばそうだ。。。
おいらはサッカーが分かんないので、気づかなかったが。
(馳星周もサッカー話書いてるなぁ。あっちはどうなんだろぉ?)
国を壊したかと思えば、ハローワークを開催したり、何やらよく分からんことになってる。
ついでにキューバ音楽のライブなんぞも企画してるし。

実は大昔「超電導ナイトクラブ」を読んで、
L(゚□゚)」ほぇ~っ!
とハマったんだけど、最近は離れてるかも~。
「半島を出よ」も、「いや、まだ入ってません」て感じだし。w
全ての作品が好きな作家さんも、なかなかいませんのぅ。

余談だけど、これまた大昔グラミーをとったホイットニー・ヒューストンのコメントがすごい高ビーで
「こんなヤツはイヤじゃー!」
と思ったのに、「I'm your baby tonight」♪だけは好きとか、逆パターンもありますが。

笹井中尉、気になりますか・・・
内緒ですが、その本に写真が載ってて
「イケメンじゃ☆」
と思ったのが、内容より記憶に残ってるという不埒なもんなんですがー
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
ホントにイケメンだったのか、確認したいというのもありますな。>どこまでも不埒☆

バトン受け取っていただいて、ありがとぉ(爆
これでおいらの寸借詐欺は、なかったことになりますな。
あっ!“裏切り者”隣人ponになってしまった!!!
マ・マテー♪((((* ̄  ̄)/..................(((/||| ̄▽)/ゲッ

day 2005-07-04 06:48
name ponsuke
trip -
url http://oponchi.blog7.fc2.com/

編集 ]

ponちゃんもBook Batonに参加したのね~♪
ponちゃんがピックアップした5人の作家さん。
山田詠美の小説はこの間読んだ『風味絶佳』が初。
他の4人は未読…(^^;
村上龍のエッセイは何冊か読んでるんだけど。

ところでおぽんち同盟、乗っ取られてるんだけど(笑)
いや、誰が参加してくれてもいいんだが、
バナーも貼ってないしponちゃんとこにコメントがあるわけでも
なさそうだし
そもそもコミュニケーション取る気もないみたいだし。
って、私のこのビミョーな表現、わかってくれるよね。
だからって削除するわけにもいかないので
私とponちゃんで記事の内容はおぽんちじゃなくても
今後は全ての記事をおぽんち同盟にTBするというアイデアは
どうでしょう?
day 2005-07-05 12:57
name LIN
trip -
url http://linlinlin.cocolog-nifty.com/

編集 ]

山田詠美大好き。この人の書く男たちがかわいいよねー!(はぁと。彼女の書く女の人も女っぷりがいいし、女ぼれするようだよ。
馳星周は一時期ほんとにはまった。おもしろいよねー!
村上龍も、結構読んでる。「限りなく~」を最初に読んだのが18歳の時で、それからたぶん全部読んでる。おもしろいんだけど、好きかといわれたらやっぱり微妙。読後感が内臓をやられたような感じに。強いお酒のようだよね。
花村萬月は、だめだ~(笑
花村萬月はどういったところが好きなの?ぜひ聞きたいなぁ。
day 2005-07-05 23:29
name ロココ
trip G5KZBqus
url http://tekutekus.exblog.jp

編集 ]

>LINさん

うぃ~っす((((((((((((((((( ̄ー ̄)ノ
今週は酒抜きWeek!とココロに決めながら、ついうっかり☆飲んできてしまったponだすw

今回挙げたのはメジャーじゃないっつーか、
シリーズで出してる作家さんが少ないので、(おいらも、この1作品しか知らないというのがいっぱい☆)馴染みないのが多いと思うじょ~。

で。「おぽんち同盟」
実は随分前から、ちょっと考えていたんだよね。
記事にしようとも思っているんだが、発起人がLINさんなので、ご相談しようかと。。。
近々おいらの想いをメールするっす!
明日にでも…
待っててくだされ!>とりあえず今日は酔ってるべ♪
《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~←どんな危機にも能天気



>ロココさん

うふふふふ
山田詠美はいいよね♪♂がバカ可愛い☆
試行錯誤する♀も可愛い(時々、身につまされる&時々ムカつく)
( ̄w ̄) ぷっ

馳星周にしてもそうだと思うけど、
状況がイメージとして脳みそに浮かぶっつーか、
文章を通り越して、雰囲気や空気を味わうって気がするのら。
だから、“今と違う場所”に自分を持っていくのがたやすいよね。>って。読解力ないおいらだけ?!だはは

で、花村萬月。
バイク関連の話はイマイチのめり込めないんだけど…
ロココさんは何読んだのかな?
たぶん、近い感覚を持って山田詠美とかを読んでるロココさんなら、これはどーでせう?(既に読んだかな?)

◎2進法の犬
◎真夜中の犬
◎ぢんぢんぢん

これらは、おいらの中で花村3大作品みたいになってるんだけど…

あとは…これは好き嫌いが思いっきり分かれると思うけど、「朧」を主人公にする国王記シリーズかなぁ…
実はけっこうイイ作品があると思うんだよね。
「笑う萬月」とかw

で、やっぱし内容そのものより、ムードで読んじゃってるってトコが選択基準だったりしますの。
おまけにノアール系が好きだったりするしね。
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

(余談ながら、馳作品は「虚ろの王」と「漂流街」がHitなponだす。
それこそ文体は全然幼いというか、こなれてない、ツッコミどころ満載なんだけどさ☆それを超越して味わってますのw)
day 2005-07-06 01:14
name ponsuke
trip -
url http://oponchi.blog7.fc2.com/

編集 ]

☆コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

☆トラックバック

この記事のURL:http://oponchi.blog7.fc2.com/tb.php/658-613ff892

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。