☆ぷろふぃ~る

ponsuke

ponsuke

相変わらずトロトロpon。ぐーたら過ぎておなかもトロトロ。や、やばいっす!!

admin

☆最新の記事

すっかり放置ブログと化してますが

アプリ「ニャンだぁ!らんど」について

里親さん募集中!

やっぱり…

閑話休題

おふたりさん〈最初の一歩〉

みつわちゃんがお嫁入して〜

ひょんなことから…

☆月別

2017-06(1)

2016-11(1)

2016-09(1)

2015-08(5)

2015-07(4)

2015-04(2)

2015-03(3)

2015-02(3)

2015-01(7)

2014-11(1)

2014-10(2)

2014-09(3)

2014-08(3)

2014-07(10)

2014-06(11)

2014-05(13)

2014-04(9)

2014-03(13)

2014-02(8)

2014-01(5)

2013-12(5)

2013-11(2)

2013-10(6)

2013-09(9)

2013-08(8)

2013-07(10)

2013-06(5)

2013-05(4)

2011-10(1)

2011-08(1)

2010-04(2)

2010-03(2)

2009-09(1)

2009-08(1)

2009-07(3)

2009-06(7)

2009-05(8)

2009-04(8)

2009-03(8)

2007-03(2)

2007-02(7)

2007-01(12)

2006-12(7)

2006-11(7)

2006-10(12)

2006-09(17)

2006-08(11)

2006-07(22)

2006-06(21)

2006-05(30)

2006-04(19)

2006-03(23)

2006-02(26)

2006-01(33)

2005-12(27)

2005-11(28)

2005-10(36)

2005-09(36)

2005-08(29)

2005-07(32)

2005-06(35)

2005-05(39)

2005-04(20)

2005-03(39)

2005-02(38)

2005-01(33)

2004-12(30)

2004-11(34)

2004-10(50)

2004-09(53)

2004-08(75)

2004-07(60)

2004-06(51)

2004-05(42)

☆最新のコメント


[ponsuke]05-30


[ゆーしゃん]05-29


[ponsuke]02-07


[つづきママ]01-02


[ponsuke]12-02


[ゆーしゃん]11-21


[ponsuke]11-10


[つづきママ]11-01


[ponsuke]08-12


[つづきママ]08-12

☆最近のトラバック


[クラッシックの世界]09-29

fogリネンナプキン
[ナプキンをあげる]09-19


[日本の心-四季折々の風情を感じ...]08-13


[ナプキンをたくさん集めました]07-23

笹倉鉄平について
[イラスト&お絵かき お役立ちサイト]02-23

おぽんちNote♪


S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ 2017-09 ]

☆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆こんぷれっくす??

今日の長風呂のお供本です。
梅安料理ごよみ/池波正太郎

歴史小説は殆ど読まないので、そういう作家の本も一切読んだ事がない。読んでみるにも敷居が高そうなんだが、これなら読みやすいかな?食べ物だし・・・と思ったのだ。
「池波正太郎・梅安を語る」から始まり、春夏秋冬の料理が展開されていくらしいこの一冊。開くと、あ、口語体。これならさらに読みやすいかな・・・(@'ω'@)ん??

 ~つまり、家内がいてさ、自分は毎日家内が作るものを食べていかなきゃならないでしょう、それで、家内を教育するためにやったわけですよ、魚のさばきかたでも何でも。魚なんかおろせやしないもの、家内は、はじめは。
 ぼくは、そういうことをどこで覚えたかというと、ちゃんと習いましたよ。魚がおろせるには魚屋に習わなければだめだよ。
 それから大事なことは盛りつけ。これを教えることだね。
 ~中略~
とにかく最初は、まずいもの食わしたら、パーンとお膳をひっくり返さなきゃだめだよ、結婚したら。それと、連れて行くことだよ、おいしいところへ。威張ってるばかりじゃいけない。


・・・この引用部分ですでに「なんじゃ、こりゃ?」なんだけど、それ以上に気になる「~だよ」「~だね」の連発!ついでに倒置法も連発なのら。
すごく読みづらい。というか、こういう言い方して頂くほど、おいら貴殿と親しくはないのですが・・・と卑屈になってしまいそう。なんでじゃ?!

ぼくは、前の晩に雨が降ったときは、必ず読者に納得が行くように書いていますよ。どれを読んでもらってもわかる。

あぁ、こういうことかぁ。この方、完結しちゃってるのね。
確かに( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・という部分はある。自分に自信を持つのも大切です。
けど、あんましこう、もわ~っとその自信がエクトプラズムのように湧き出ていると、なんかクサイんですけど・・・
いかにも!というのは、粋じゃないです。脳ある鷹はツメ隠すと言うじゃありましぇんか。
(え?それはおいらのコンプレックスがもたらす、被害妄想だって?そう突っ込まれると反論できない。だはは)

春夏秋冬の料理の方は、普通に書いてあるようなので、もう少し頑張って読んでみようかなぁ~。
でも、お風呂じゃリラックスできないぞ。この「語る」部分が終わるまでは・・・

☆コメント

ponちゃん
こんばんはヾ(〃 ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄〃)ノ
これ、わかる!わかる!
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ウンウン
私にとってこれに似たオヤジは佐野眞一というノンフィクションライター。
すっごく上から物をいう人なの。
詳細はコチラで↓
http://blog.livedoor.jp/kaoririririririri/archives/873067.html
そういえば池波正太郎もそういうところあるね~
昔の作家先生だから(笑)
でも彼の食に関するエッセイはどれもおいしそうよ。
そのうざい所は読み飛ばして、食べ物に関するところだけ
読んだらどうかしらん?
(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ
day 2004-09-20 21:25
name LIN
trip 79D/WHSg
url http://blog.livedoor.jp/kaoririririririri/

編集 ]

>LINさんヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい
佐野眞一というノンフィクションライターに関しては、おいらもLINさんの記事読んでたよっ!
で、「こんなん一緒に飲みたない」って思ってた・・・( ̄w ̄) ぷっ
昔々、非常に違和感覚えたのが、佐野洋という作家のエッセイだったんだよね。
男尊女卑も甚だしい!という意味で・・・。
でも、この「梅安料理ごよみ」は、色々料理のことを書いてるっぽいから、出来れば最後まで読みたいんだぁ。
>そのうざい所は読み飛ばして、食べ物に関するところだけ
読んだらどうかしらん?
なのでLINさんのこの言葉に、とてもヤル気起こされた気がする・・・
アリガト エヘ♪(*^・^)ノ ⌒☆(*^_^*) ポッ
day 2004-09-20 23:47
name ponsuke
trip 79D/WHSg
url http://y-h-rimy.blog.ocn.ne.jp

編集 ]

いやぁ… 僕は驚いた。
だってぽんすけりんと池波文書ってなんだか似合わないと思ってたもん。
このおっちゃん、難しい事言い出したらむちゃくちゃ難しいし。
んでも、確かに「料理の方は、普通に書いてあるようなので、もう少し頑張って読んでみようかなぁ~。」という見かたもできるのかもね。
全体だと難しい話でも一つの話題だけ考えたら理解も早いんじゃないかな?
(難しい&感性が合わないから僕は嫌いだけど(笑))
day 2004-09-21 05:19
name ろぷ
trip 79D/WHSg
url http://loplos.mo-blog.jp/

編集 ]

池波大先生は他にも「散歩の時、何か食べたくなって」とか
食べ物の話、書いてるよね。・・・ううむ。食べ物の話を書
いていながら、高慢にも卑しくも聞こえず楽しませてくれる
のは、才人 東海林さだお氏くらいでしょう。
食通ぶってるところが、押しつけがましく文章にでてくる
人って、僕も鼻について大嫌い。「黙って、食え!」と言い
たくなります。
day 2004-09-21 16:14
name 左半治
trip 79D/WHSg
url http://ke-shi.blogzine.jp/polan

編集 ]

>ろぷさん
・・・やっぱ似合わないよね~。
食べ物のトコまで頑張ろうとは思っているんだけど、どうもリズムが合わなくて、読んでて辛くなってきたよぉ~。
おいらにしては珍しく途中断念する可能性大!な本だなぁ。
>左半治さん
東海林さだお氏!
ちゃんと読んだことはないけど、さすがのおいらもちょっとは知ってる!
そうだ、そうだ。この人のはとっつきやすくて、何だかほのぼの気分になったっけ。
>「黙って、食え!」
あーははは!
少し料理のページに進んだんだけど、もうちょっと身近な食材はないの~?という感じで、イマイチ頂けないんですよ。
>みなさんへ
大御所かと思っていたんだけど、意外に反感というか、違和感感じる人が多いのね。
なにやら安心したわ~(ついてけないのは、おいらだけ?!って思ってたから☆)
day 2004-09-21 17:13
name ponsuke
trip 79D/WHSg
url http://y-h-rimy.blog.ocn.ne.jp/

編集 ]

バー・ピュアの記事を楽しく拝見していてこちらにきてしまいましたが、池波さん をかなり誤解されているご様子。氏は偉大な歴史小説家であり、舞台作家であり その一方で江戸の古きよき時代の味や、戦前の東京の香りがする食べ物を愛し、それをさりげない日記等で記録したものを、小説のファンが有難がって、勝手に食べ歩きをしたり、食通っぽく 崇拝している輩もいますが、氏の基本姿勢は、『さりげなさ』であり、知識をひらけかすとか、流儀を押し付ける事を一番嫌っていた作家だそうです。
家庭内のしつけについても、威張っていっているのではなく、問われたから、答えたみたいな文章で、そこだけをとりだたして 勘違いするのも とっても 恥ずかしい事だとおもいました。
day 2004-10-10 17:43
name マンボ
trip 79D/WHSg
url

編集 ]

>マンボさん
はじめまして。
う~ん、困りましたね。
>一番嫌っていた作家だそうです。
マンボさんは、よく池波氏のことをご存知でらっしゃるのですね。
全出版物をつぶさにご覧になられているのでしょう。
でもおいらは全く知りませんし、もともと歴史小説に興味ないんです。ただ食物のことだからどんな本かな?と手に取っただけ。
たまたま家庭のしつけ部分を引用しましたが、別に引用しようかと考えたところも多々ありますので、逆にそこだけを引き合いに出されてもなぁ、という感じです。
批評家でもない、おぽんち♪なおいらが、単にそう感じたよ、というだけですので、あまり深くお考えになられても、正直困ります。
読書に関してはそれぞれの見解や好みだと思いますので、恥ずかしかろうが、おヴァカだろうが、何と言われてもどうしようもない気がしますが・・・100人が100人、絶賛する本があれば教えて頂きたいくらい。
それほど池波氏を敬愛され、理解されているのでしたら、マンボさんも、ご自分のHPなりblogなりでご意見を発表されてはいかがでしょうか?
そうしたら、おいらもちょっと勉強させて頂こうかな、という気になるかも知れません(でも、歴史小説は、池波氏に限らず、もう読まないと思いますけど。)
day 2004-10-10 18:01
name ponsuke
trip 79D/WHSg
url http://y-h-rimy.blog.ocn.ne.jp

編集 ]

スミマセン。blogって私的なものなんですものね。そこにつっこんだ私が場違いでした、申し訳ありません。
day 2004-10-11 23:34
name マンボ
trip 79D/WHSg
url

編集 ]

>マンボさん
わざわざお返事コメントありがとうございました。。
day 2004-10-12 00:02
name ponsuke
trip 79D/WHSg
url http://y-h-rimy.blog.ocn.ne.jp

編集 ]

☆コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

☆トラックバック

この記事のURL:http://oponchi.blog7.fc2.com/tb.php/283-c8c055ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。