☆ぷろふぃ~る

ponsuke

ponsuke

相変わらずトロトロpon。ぐーたら過ぎておなかもトロトロ。や、やばいっす!!

admin

☆最新の記事

すっかり放置ブログと化してますが

アプリ「ニャンだぁ!らんど」について

里親さん募集中!

やっぱり…

閑話休題

おふたりさん〈最初の一歩〉

みつわちゃんがお嫁入して〜

ひょんなことから…

☆月別

2017-06(1)

2016-11(1)

2016-09(1)

2015-08(5)

2015-07(4)

2015-04(2)

2015-03(3)

2015-02(3)

2015-01(7)

2014-11(1)

2014-10(2)

2014-09(3)

2014-08(3)

2014-07(10)

2014-06(11)

2014-05(13)

2014-04(9)

2014-03(13)

2014-02(8)

2014-01(5)

2013-12(5)

2013-11(2)

2013-10(6)

2013-09(9)

2013-08(8)

2013-07(10)

2013-06(5)

2013-05(4)

2011-10(1)

2011-08(1)

2010-04(2)

2010-03(2)

2009-09(1)

2009-08(1)

2009-07(3)

2009-06(7)

2009-05(8)

2009-04(8)

2009-03(8)

2007-03(2)

2007-02(7)

2007-01(12)

2006-12(7)

2006-11(7)

2006-10(12)

2006-09(17)

2006-08(11)

2006-07(22)

2006-06(21)

2006-05(30)

2006-04(19)

2006-03(23)

2006-02(26)

2006-01(33)

2005-12(27)

2005-11(28)

2005-10(36)

2005-09(36)

2005-08(29)

2005-07(32)

2005-06(35)

2005-05(39)

2005-04(20)

2005-03(39)

2005-02(38)

2005-01(33)

2004-12(30)

2004-11(34)

2004-10(50)

2004-09(53)

2004-08(75)

2004-07(60)

2004-06(51)

2004-05(42)

☆最新のコメント


[ponsuke]05-30


[ゆーしゃん]05-29


[ponsuke]02-07


[つづきママ]01-02


[ponsuke]12-02


[ゆーしゃん]11-21


[ponsuke]11-10


[つづきママ]11-01


[ponsuke]08-12


[つづきママ]08-12

☆最近のトラバック


[クラッシックの世界]09-29

fogリネンナプキン
[ナプキンをあげる]09-19


[日本の心-四季折々の風情を感じ...]08-13


[ナプキンをたくさん集めました]07-23

笹倉鉄平について
[イラスト&お絵かき お役立ちサイト]02-23

おぽんちNote♪


S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ 2017-09 ]

☆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆久々の感想pon☆続編

転職して、隔週土曜日休みというシフトになったものの、
なぜか2連休以上には巡り合えず、
(G.Wも5連休シフトvs飛び石)

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

と思っていたトコロ、
やっと訪れた3連休∩(^∇^)∩バンザーイ♪

…が

実家に帰るという別シフトのヒトと休みを交換する、という暴挙(?)に出てしまい、
またしても、憧れの連休から遠のき、
さらに11時まで残業という、
「ホトケの顔」ならぬ「ヒトの好さも」三度まで☆心境のponsukeだす。

さて、情けは人のためならず、と自分をなぐさめつつ、
そんなモヤモヤもさておきw


ちょっと前に書いて、すぐに続きを書こうと思っていたんだが、ついついサボってしもた☆

今日はこの時の中から、ちょぴっと…



「四十回のまばたき」重松清------------------ ----------------------------------------------------

細々と翻訳の仕事をする、いつも“冷静”で
妻が事故で亡くなっても、浮気を知っても
どこか傍観するような主人公、

冬眠する義理の妹・耀子、
セイウチのような原作者…

なんか、脇役が妙な具合に濃ゆいぞw

でも、そんな人達と接するうちに
少しずつ、心の底から感情が溢れてくる姿を見ていると、
それはまだまだ手探りで、
決してスムーズでも、スマートでもないんだけど、
シアワセの基準なんて、一律じゃなくてもいいんだよね、
ゆっくりでいいんだよね、
傍から見たら「???」な関係でも、ココロが満たされていればOKじゃん?
“~ねばならない”なんつー概念なんてだよな、

・・・・なんて思っちゃうよ。へへ



「血塗られた神話」新堂冬樹

解説(茶木則雄氏)で、
「闇の金融界の壮絶な実態を、小説の形で初めて白日の下に晒したのが新堂冬樹なのである。
本書は、その記念すべき第一作だ。
ただし、作家としての第一歩を記した本書「血塗られた神話」は新堂冬樹にとって、あらゆる意味でいわば助走段階の作品にすぎない」

----------とあるんだけど、まさしく!!

以前読んだ2作品は、それぞれに凝縮された、のけぞる勢いの濃度だもん。
なので、この作品の登場人物には甘さを感じてしまうけど、
助走と思えば、今後読み続けるにやっぱ抑えておきたい作品かも。
できれば最初に読んでおきたかったかなぁ…と思ったりするのでありゅ☆



「鬼子」新堂冬樹

こ、こんな結末ってあり?!!
冷静に思い返せば伏線となる箇所は、そこここにあった気がするが…
(ほら、おいら考えナシに読んじゃうからさw)

しかーし!
結末かと思いきや、さらにその後に恐るべし画策が-----
どんでん返し、というより、これでもか!って感じじゃ!

ある種滑稽とも言える“夢見る”主人公が、鬼と化す行程…
下巻なんぞ、一晩で読んでしもた!(明け方までかかったけど)

人間て、こんなにコワい部分を隠し持っているのか?
もしや能天気なおいらにも、こんな闇があるのかや??

主人公の息子・浩の、暴挙の凄まじさにおののいてたが、
最後にはその痛々しさに、ぎゅぅ☆と心臓が掴まれる感じがしちゃったよ…

☆コメント

☆コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

☆トラックバック

この記事のURL:http://oponchi.blog7.fc2.com/tb.php/1063-4c9bfef2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。