☆ぷろふぃ~る

ponsuke

ponsuke

相変わらずトロトロpon。ぐーたら過ぎておなかもトロトロ。や、やばいっす!!

admin

☆最新の記事

すっかり放置ブログと化してますが

アプリ「ニャンだぁ!らんど」について

里親さん募集中!

やっぱり…

閑話休題

おふたりさん〈最初の一歩〉

みつわちゃんがお嫁入して〜

ひょんなことから…

☆月別

2017-06(1)

2016-11(1)

2016-09(1)

2015-08(5)

2015-07(4)

2015-04(2)

2015-03(3)

2015-02(3)

2015-01(7)

2014-11(1)

2014-10(2)

2014-09(3)

2014-08(3)

2014-07(10)

2014-06(11)

2014-05(13)

2014-04(9)

2014-03(13)

2014-02(8)

2014-01(5)

2013-12(5)

2013-11(2)

2013-10(6)

2013-09(9)

2013-08(8)

2013-07(10)

2013-06(5)

2013-05(4)

2011-10(1)

2011-08(1)

2010-04(2)

2010-03(2)

2009-09(1)

2009-08(1)

2009-07(3)

2009-06(7)

2009-05(8)

2009-04(8)

2009-03(8)

2007-03(2)

2007-02(7)

2007-01(12)

2006-12(7)

2006-11(7)

2006-10(12)

2006-09(17)

2006-08(11)

2006-07(22)

2006-06(21)

2006-05(30)

2006-04(19)

2006-03(23)

2006-02(26)

2006-01(33)

2005-12(27)

2005-11(28)

2005-10(36)

2005-09(36)

2005-08(29)

2005-07(32)

2005-06(35)

2005-05(39)

2005-04(20)

2005-03(39)

2005-02(38)

2005-01(33)

2004-12(30)

2004-11(34)

2004-10(50)

2004-09(53)

2004-08(75)

2004-07(60)

2004-06(51)

2004-05(42)

☆最新のコメント


[ponsuke]05-30


[ゆーしゃん]05-29


[ponsuke]02-07


[つづきママ]01-02


[ponsuke]12-02


[ゆーしゃん]11-21


[ponsuke]11-10


[つづきママ]11-01


[ponsuke]08-12


[つづきママ]08-12

☆最近のトラバック


[クラッシックの世界]09-29

fogリネンナプキン
[ナプキンをあげる]09-19


[日本の心-四季折々の風情を感じ...]08-13


[ナプキンをたくさん集めました]07-23

笹倉鉄平について
[イラスト&お絵かき お役立ちサイト]02-23

おぽんちNote♪


S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ 2005-03 ]

☆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆在庫確保~っ☆

LINさんち先日の記事を見ましたの。
((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ  岩井志麻子の新刊が出たのか~。
コメントのお返事に、別ネタなぞも教えてもらったので(さすがLINさん、情報通(?))
ちょうど在庫本が少なくなってきたので、久々に注文しようかなーと思っていたところだったので、さっそくチェック☆
あ、この本も、あの本も・・・・というわけで、こんなにGetしちまいましただ。
105_0544.jpg左上から
瀬戸内 寂聴・山田 詠美/小説家の内緒話
乃南アサ/悪魔の羽根
花村萬月/父の文章教室
東直己・石田衣良・打海文三・逢坂剛・大沢在昌・奥田英朗・北方謙三・戸梶圭太・花村萬月・藤田宜永/男たちの長い旅
乃南アサ/しゃぼん玉
岩井志麻子(対談集/野坂昭如・花村萬月・久世光彦)/猥談

今回は珍しく対談集なぞありまする。
在庫確認待ちだったけど、明日やっと届くのもあるじょ♪
女神の欲望(リビドー)/岩井志麻子

LINさんの情報で、今回も充実の品揃えだす。
・・・って、( ̄ω ̄;)!!あっ!!
肝心の「自由恋愛」、忘れてるよ・・・・_| ̄|○
スポンサーサイト

☆ふわぁ~。。○

昨日の夜は、まぐろのお刺身と、椎茸のマヨネーズ焼き、鳥の唐揚げみぞれ煮で、ちびちびビール飲んでたponだす。
「明日はのんびり・・・チャウ(・_・ 三・_・)チャウ ゴミの日だから早く起きなきゃ(と言っても8時前)」
と思っていたら、ぬわ~んと!5時半に目が覚めてしもうた!!!
なぜに、どーしてこうも極端なんだ?仕事行く日より早起きだぞ!

・・・で、昨日の残りの鳥の唐揚げみぞれ煮の残り、食べてます。
ビールではなく、コーヒーで。げげげ
・・・早起きって、おなかが空くのよね。

ゴミ出しちゃって、二度寝しようかと思うんだが、どうも回収ギリギリまで出したくない気持ちがあるんだわな~。
時々いるでショ、不燃ゴミ開けてがさごそやる人。
昔、使わなくなったバッグや靴を、ダンボールにちゃんとしまい込んでゴミに出したら、“そういう人”に開けられたらしく、びょ~ん☆と中身が飛び出てた。
(┯_┯) ウルルルルル 捨てると言っても、愛着はあるのよ。だから、きっちりまとめたんだじょー!!
それなのに、悲しくも散らかされちゃってるのを見ると、気味が悪いのを通り越して、切なくなってしまうのである。

以来、ゴミが燃えようが、燃えなかろうが、8時回収のギリギリに走って出しにいくおいらなのであった。
(時々、回収車が遅れるんだけどさ。>意味ないじゃんw)

☆ん?( ̄∧ ̄w□w…読書ちう

遅々として進まなかった読書にエンジンかけて、
昨日から爆読みしてましたの。
・・・って、随分かかっちゃったわ~
柔らかな頬/桐野夏生

いくら集中力欠けてる今日この頃といえど、なーんでこんなにかかっちゃったのかしらん。
何だかね~主人公含めて、登場人物の誰一人として魅力を感じなかったのら。
おまけに物語は空想(妄想?)含めつつ、淡々と流れてゆく・・・
やっと流れに乗れてきたのは、下巻150ページ目を過ぎてからであった。(T△T)(下巻は285ページまで)

おいらとしては、精神状態もあってかイマイチ乗り切れなかった作品だけど、福田和也氏の解説を読んで
( ̄-  ̄ ) ふーん・・・(以下、ちょっくら抜粋してみませう)
---------------------
ロシアの小説を読んでいて、時々おどろくのはその徹底した救いのなさである。
たとえば、ゴーゴリの「外套」では、下積みのそのまた下積みの官吏が、決死の思いで新調した外套を強盗に奪われ、捜査の嘆願に訪れた先で高官から一喝されたショックで、頓死してしまう。それだけでかなりやり切れないのに、ゴーゴリの筆はさらにこの下級官吏を亡霊にしてペテルブルクの街を外套探しに彷徨させるのだ。

死をすらも集結にせずに、死後にまで辱めをつづける執拗さは、ドストエフスキーの作品にも見える。墓に埋められた死人たちが、自らの身体の腐臭に嘔吐しながら、互いに見栄を張りあい、罵りあう。生者よりも、一層醜悪で卑小な死者たちの世界。
桐野夏生氏の小説世界も、救いがない。救済というようなごまかしを、一切振り捨てたところから氏は書き出している。読者が求めがちな、納得とか、満足とか、カタルシスを一切与えない。
---------------------

確かに、納得も満足もありましぇんでした。
でも、他の作品には何かしらあったような気がするんだが・・・・
それよりも、この解説の方が(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…面白れぇ~☆と思ってしまうのは、おいらダメダメ人間か?
とは言え、ゴーゴリもドストエフスキー作品もまともに読んだことがないおいら。>ダメダメ度倍増!w
そんなヤツに、この作品は理解し難いのかもな。
ま、こ難しいことは分かんないので、次行くべ、次!
スタタタタタッ((((((((((; ̄ー ̄)ノノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。